ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもパパスが生きていたら




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:03:36.64 ID:gs0phJcv0
ジャミをやっつけた!ゴンズをやっつけた!



ゲマ「ほっほっほっほっ、みごとな戦いぶりでしたね。でもこうするとどうでしょう…」

なんと!ゲマはトンヌラの喉もとに死神のカマをあてがった!

パパス 「トンヌラ!」

ゲマ「この子どもの命が惜しくなければ存分に戦いなさい。
   でもこの子どもの魂は永遠に地獄をさまようことになるでしょう。ほっほっほっ。」


パパス「かまわん、やれ」

ゲマ「!?」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:06:36.42 ID:gs0phJcv0
パパス「目的のために死を恐れる息子など、私にはおらんわあ!!」

ゲマ「!!
    ジ、ジャミさん!ゴンズさん!早くやっておしまいなさい!」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:10:13.73 ID:gs0phJcv0
ジャミをやっつけた!ゴンズをやっつけた!


パパス「次は貴様だ」

ゲマ「仕方ありませんね、ここは退くとしましょう。ルーラ!」

ゴツン!
ゲマは天井に頭をぶつけてしまった。


パパス「…覚悟はいいか?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:12:48.52 ID:gs0phJcv0
ゲマ「くっ…!リレミト!」

ゲマは逃げ出した。

パパス「ふん、逃げ足のはやい奴だ。大丈夫か、トンヌラ」

パパスはホイミをとなえた。

「ではいくとしよう」
 
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/06(日) 23:13:50.42 ID:/wkSmMn/0
ぶちこわしだ


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/06(日) 23:18:56.83 ID:qj7fNZ1F0
ちょっと期待



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:19:35.57 ID:gs0phJcv0
パパス「なんとか王にばれる前に王子を連れもどせて良かった」

一方その頃…

王妃「な、なんと!ヘンリー王子の誘拐に失敗したと申すか!?あ…あ…」

手下「王妃さま、パパスが戻ってくる前にデールさまを連れて早くお逃げになってくださいまし。
    この計画が王にばらされては王妃さまの投獄は必至。いえ、下手すればデールさまも…」

王妃「あ…あわわ…」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:36:38.03 ID:10efYTIxO
トンヌラwwwww


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:38:43.19 ID:gs0phJcv0
王妃「ま、まだじゃ!そのパパスという男を始末するのじゃ!
    王に会わせてはならぬ!」


---------------------------------------------------------

パパス「なに!?この誘拐はラインハットの王妃が仕組んだものだと!」

トンヌラ「うん、さっき会ったおじちゃん達が言ってたよ。」

ヘンリー「へっ、やっぱりな…あのババアの仕業だと思ったよ。
      俺がいなくなれば次の王様はデールだからな。」

パパス「なんと…
     とりあえずその男のもとへ案内してくれトンヌラ。証人として引っ立てよう。
     このことを王にお知らせせねば…

ヘンリー「ま、待ってくれ!」

パパス「?」

ヘンリー「そんなことをされたらデールまでお咎めを受けちまう!
      良くて追放か牢屋行き、下手すれば処刑される!
      あいつは何にも知らないんだ、たのむ!このことは黙っていてくれ!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:43:39.48 ID:gs0phJcv0
パパス「しかしこのまま放っておけば、いつまたこの様な危険にさらされるかわかりませんぞ」

ヘンリー「お願いだ、たのむよパパス…さん、デールは俺なんかと違っていい奴なんだ…」

パパス「むぅ…しかし……



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/06(日) 23:46:00.20 ID:tE62MGj80
まぁ、結局「ぬわーーーーーーっっ!」 に落ち着くんですけどね


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:48:02.62 ID:gs0phJcv0
パパス「わかり申した、なんとか良きにはからってみましょう」

ヘンリー「すまねえ!」

パパス「しかし何故王妃はいまこの時期に…たとえヘンリー王子を亡き者にしたとて
     王は未だ健在、デール王子が王になるのはずっと先のはず……はっ!
     王があぶない!急いでラインハットに戻るぞ!!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:52:41.96 ID:gs0phJcv0
??「おっと待ちなぁ!あんた方が城に戻られると困る人がいるんだよ
    ここで死んでもらうぜ!」

パパス「ぬぅん!!」

パパスの会心の一撃!カンダタをやっつけた!

「大丈夫か、トンヌラ」
パパスはホイミをとなえた
「ではいくとしよう」



 
17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:57:46.72 ID:gs0phJcv0
ラインハットで戻る道中、パパスたちには次々と王妃の差し向けた刺客が襲ってきた。

スライムナイトの こうげき!
ヘンリーに 12の ダメージ!

ダンスニードルの こうげき!
トンヌラに 2の ダメージ!

パパスの こうげき!
まもののむれを やっつけた!


「大丈夫かトンヌラ」
パパスはホイミをとなえた、トンヌラのHPが回復した。
「ではいくとしよう」



ヘンリー「……。」



ゲレゲレ「……。」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:01:06.23 ID:I/8JlqC/0
手下「だめです!あらん限りの刺客を送りましたが全て返り討ちに!
    パパスはもう、すぐそこまで!王妃さま!早くお逃げを!!」

王妃「はわわわわ.……!



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:01:32.59 ID:/UEVWnHQO
王妃様かわいい


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:06:18.78 ID:I/8JlqC/0
王妃「そうじゃ!ヘンリー誘拐の犯人をパパスということにするのじゃ!
    ほほ…ほほほほ!我ながら良い案じゃ!
    門を固めよ!パパスが来たらヘンリー誘拐の犯人として堂々と引っ立てるのじゃ!」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:11:54.32 ID:I/8JlqC/0
パパス「ふぅ、やっと着きましたな。急いで王のもとへ向かわねば…!
     おっと、まだヘンリー王子が誘拐されたのは誰も知らないはず
     正門から王子を連れていっては少々面倒ですな。
     王子の例の隠し階段から参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

王妃「ええい!パパスはまだ捕まらぬか!」

手下「そ…それが…

王妃「なんじゃっ!?」

手下「パパスが王子を連れ、すでに王に謁見しています….…



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:19:32.83 ID:vq0pX5S10
パパスってパパスのつるぎとかわのこしまきしか装備してなかってよな


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:24:20.76 ID:DM3cwaGWO
ゲレゲレってwwwそこボロンゴとちゃうんかいwww


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:27:42.35 ID:vOm6CrPJO
パパスかっけぇw
しかしトンヌラ以外にもホイミしてやれよwww

助けたベビーパンサーの名前を提案するのはビアンカだけど決めるのは主人公だからなw息子のネーミングセンスは父親譲りなんだろwww


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:30:03.82 ID:I/8JlqC/0
パパスは今までの事情を説明した。

王「やはり危惧していたことが…。パパスよ、よくぞやってくれた
  おぬしがいなければ、ヘンリーも、わしの命もなかっただろう。
  しかしげに恐るべき女よ…

パパス「王様、先程申し上げたことどうかお聞き入れくださいませ」

ヘンリー「お願いだ親父!デールは何にも悪くないんだ!」

王「うむ…わかっておる…わかっておるが……
  あの女を生かしておくわけにはいかん、かといって殺せば…デールはわしを恨むじゃろう。
  あれもデールの母親じゃ。さすればわし亡きあとの国に禍根を残すことになるじゃろう…

パパス「私におまかせください。」

王「む、何か良い案でもあるのか?聞かせてくれ」

パパス「王妃を事故死に見せかけ暗殺してまいりましょう」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:32:14.08 ID:8e+KZaUn0
プックル意外ありえない…そう思っていた時期が俺は現在進行中の厨二病です


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:34:15.41 ID:DM3cwaGWO
暗殺とかwww急展開でパパスワロスwww


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:36:02.05 ID:I/8JlqC/0
パパス「なに、ご安心ください。デール様はおろか、他の誰にも決してさとられぬよう殺してまいります」

王「おぉ…名案じゃ!おぬしの腕ならば信用できる、是非たのもう」

パパス「おまかせください。王妃に明日の朝日は拝ませません。」


ヘンリー「ゴクリ…」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:41:34.85 ID:/6SV0klt0
ん・・・あのダンジョンでリレミトできたっけ・・・


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:45:06.89 ID:c2mDNaFaO
>>36
突っ込んでやるなよ


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:49:58.49 ID:I/8JlqC/0
その夜…


王妃「ほほほ…。一時は肝を冷やしたが、何も動きがないということは
    パパスは証拠を掴み逃したということじゃな。
    証拠がなければ王といえどわらわを罰することなどできはすまい。
    そんなことをすれば国家の信用に関わる、おほほほ…!
    
コンコン…!

兵士「王妃さま、お食事を持ってまいりました。」

王妃「うむ、入るがよい。」

兵士「失礼します」

王妃「おお!今夜はわらわの大好物のにしんの干物ではないか!よいぞよいぞ
   ん?おぬし、いつもの給仕係ではないな、新入りか?どれ、顔をよう見せい…
   !!パ…!パパ、パパパ『ドゴッ!』

ばたり…



そして夜が明けた


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:53:48.68 ID:t/NGngGI0
ラインハットは今日も平和だな


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:55:10.27 ID:I/8JlqC/0
バタバタ…!バタバタ…!

王「うーん…朝からなにやら騒がしいのぉ…

ゴンゴン!ゴンゴン

兵士「王様!王様ー!起きてください!大変です!」

王様「なんじゃなんじゃ、騒がしい…

兵士「お、お、王妃様が…!階段から落ちて…お亡くなりに…!」

王様「な、なんじゃとぉ!!
   (やってくれたかパパス!)


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:57:23.99 ID:hFspFflhO
ゴンゴン殴られて起こされる王様……


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:57:59.25 ID:vfD0loyM0
>>42
ドアだろwww


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 00:59:07.40 ID:REmoj3pi0
ワンピかよww


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:03:30.06 ID:I/8JlqC/0
その日のうちにラインハットでは盛大に葬儀がとりおこなわれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

王の部屋にて…


王「よくぞやってくれたパパスよ。
  お主はこの国の恩人じゃ、この恩は決して忘れまい!」

パパス「礼には及びません。あのような畜生、生かしておく道理がありましょうや
     人として当然のことをしたまでです。
     では、我々はこれで失礼します。何かあったらまた…」

王「何かなくともいつでも気軽に来るがよい、待っておるぞ!」

ヘンリー「じゃあなトンヌラ!また来いよ!」


こうしてパパス達はラインハットをあとにし、サンタローズへと向かった。



 
51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:10:03.30 ID:I/8JlqC/0
道中にて・・・


パパス「サンタローズに戻ったら、父さんは少し落ち着くつもりだ。
     お前には色々さびしい思いをさせたが。これからは遊んであげるぞ。
     お、そうだ。サンタローズに戻る前にオラクルベリーに寄ってみるか?
     お前は行ったことないだろう、あそこは色々楽しい町だぞ。」

トンヌラ「wktk」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:12:03.56 ID:I/8JlqC/0
パパス「む、橋が壊れて修理中だとは、ついてないな。
     まあしかしこの程度の距離ならば泳いで渡れるか
     よし、しっかり掴まっていろトンヌラ」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:16:04.40 ID:I/8JlqC/0
キャプテンクック が あらわれた!
グロンテプス が あらわれた!
ネーレウス が あらわれた!

パパス「ぬぅん!」

まもののむれを やっつけた!
トンヌラは レベルが あがった!トンヌラは レベルが あがった!トンヌラは レベルが あがった!


「大丈夫かトンヌラ」
パパスはホイミをとなえた
「ではいくとしよう」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:25:30.12 ID:I/8JlqC/0
パパス「着いたぞ、ここがオラクルベリーだ!
     どうだ?アルカパなどとは比べ物にならんだろう、ふふふ」

トンヌラ「(0゚・∀・) ワクワクテカテカ



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:29:07.30 ID:I/8JlqC/0
茶碗洗ったり買い物行かないと ノシ

とりあえずラインハット編ENDで。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:31:51.26 ID:m/TpsMJ00
ゲマ「ジャミさん、ゴンズさん、もっと懲らしめてください」



 
65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:37:46.69 ID:gzBHNxE50
ゲマがフリーザに思えてきた


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 01:39:12.65 ID:2nWInllEO
パパス「おお ビアンカちゃん ながいこと みないあいだに ずいぶんと きれいになって・・・」

ビアンカ「まあ うれしい!! そうだ トンヌラはしばらく せきをはずしててくれる? おじさまとふたりっきりで おはなしがあるの」
To be Bedroom・・・


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 02:53:58.21 ID:rQ8EWMrK0
パパス「もし…?どうかされたか、ご老人?

老人「わしが有名なモンスターじいさんじゃ。
    ふむ…おぬしはなかなか良い目をしておるな。しかもふしぎな目じゃ。
    もしかすると、お主ならモンスターですら改心させ、仲間にできるかも知れんの。
    なに?それにはどうしたらいいかだと? よろしい、教えてしんぜよう。
    まず馬車を手に入れることじゃ! そして……
    憎む心ではなく、愛をもってモンスターたちと戦うのじゃ。
    そのお主の心が通じたとき、モンスターは向こうから仲間にしてくれと言ってくるじゃろう。
    もっとも、彼らは自分より強い者しか尊敬しないから、仲間になりたいというのはこっちが勝ったあとじゃがな。
    どうじゃ?わかったかな?
    お主ならきっと、多くのモンスターを仲間にできるはずじゃ!
    馬車があればより多くのモンスターを連れて歩けるが、それでも限度はある。
    その時はわしの所へ来ればいい。 仲間のモンスターの面倒をみてあげるぞい。

パパス「わ、私にそんな力が?
     憎む心ではなく愛をもって…か…」

じいさん「いやいや、お主じゃないよ。そっちの子どものことじゃ。」

パパス「え?」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 02:55:45.34 ID:TdRXx7ObP
お、帰ってきた
とりあえずミルドラースを倒すとこまでやろうかwwwww


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 02:55:58.43 ID:rQ8EWMrK0
パパス「もし…?どうかされたか、ご老人?

老人「わしが有名なモンスターじいさんじゃ。
    ふむ…おぬしはなかなか良い目をしておるな。しかもふしぎな目じゃ。
    もしかすると、お主ならモンスターですら改心させ、仲間にできるかも知れんの。
    なに?それにはどうしたらいいかだと? よろしい、教えてしんぜよう。
    まず馬車を手に入れることじゃ! そして……
    憎む心ではなく、愛をもってモンスターたちと戦うのじゃ。
    そのお主の心が通じたとき、モンスターは向こうから仲間にしてくれと言ってくるじゃろう。
    もっとも、彼らは自分より強い者しか尊敬しないから、仲間になりたいというのはこっちが勝ったあとじゃがな。
    どうじゃ?わかったかな?
    お主ならきっと、多くのモンスターを仲間にできるはずじゃ!
    馬車があればより多くのモンスターを連れて歩けるが、それでも限度はある。
    その時はわしの所へ来ればいい。 仲間のモンスターの面倒をみてあげるぞい」

パパス「わ、私にそんな力が…?
     憎む心ではなく愛をもって…か…」

じいさん「いやいや、お主じゃないよ。そっちの子どもじゃ」

パパス「え」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:06:28.65 ID:rQ8EWMrK0
トンヌラはモンスターを仲間にできるようになった!


パパス「そういえばお前の母さんも不思議な力を持っていた。
     お前のその力は母さん譲りなのかもしれんな……。
     よし、そうと聞けば早速馬車を買うか!」


・・・・・・・道具屋にて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

店主「馬車ですか。30000Gになりますが」

パパス「キャッシュで」

店主「!!
    あ、ありがとうございました!またのお越しをお待ちしています!」


パパスは 馬車を てにいれた!


トンヌラ「( ゚д゚)ポカーン

パパス「ん?なんだ、心配するな。父さんはこう見えても結構お金持ちなんだぞ、はっはっは」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:08:13.98 ID:TdRXx7ObP
値引きイベントがwwwwwwwwwwwwwwww


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:15:07.08 ID:rQ8EWMrK0
パパス「そうだ、お前にも何か武器を買ってやろう!
     そのひのきのぼうもそろそろ限界だろう。

トンヌラ「(0゚・∀・) ワクワクテカテカ




店主「ありあっしたー、

トンヌラ
E.やいばのブーメラン
E.せいどうのたて
E.てつのよろい
E.てつかぶと

トンヌラ「(*゚∀゚)=3

パパス「はっはっは、そうはしゃぐなはしゃぐな」



ゲレゲレ「……。

E.ただのぬのきれ 


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:20:03.84 ID:TdRXx7ObP
トンヌラ、ゲレゲレのぶんもお願いしてやれよ……。


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:23:55.81 ID:rQ8EWMrK0
パパス「ん?あの大きい建物は何かって?
     あれはカジノだ、お前にはまだ少し早すぎるな。
     さて、サンタローズに戻るとするか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パパス「しまった!馬車を連れていては向こう岸へ渡ることができぬ!
     うーむ、どうするか…。
     そうだ、たしか南のほうにラインハットに通じる旅の扉があったな、そこを行こう。」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:31:12.72 ID:rQ8EWMrK0

サンチョ「おかえりなさいませ、だんなさま」

パパス「うむ」

サンチョ「そうそう、例の件で新しい情報が入りました。
      なんでも、サラボナにいるルドマンという大富豪が、天空の盾を所持しているそうです。
      確かなスジからの情報で、信用できるかと。」

パパス「ふむ…サラボナか…。 よし!いくぞトンヌラ!」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:41:20.73 ID:4lv/x32fO
フローラとパパスの再婚イベントクルーーーーーー


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:44:48.67 ID:rQ8EWMrK0
ルドマン「天空の盾、ありますよ。これは我が家の家宝でね
      娘が嫁にいったら、その婿に継がせようと思ってるんですわ」

パパス「ふーむ、ちなみに娘さんは今おいくつで?」

ルドマン「6歳です。まあ、あと10年は先ですな、はっはっは」

パパス「(10年……わたしは37歳か。…37歳と16歳…ギリギリだな…)」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:45:40.17 ID:TdRXx7ObP
ロリコンパパスwwwww


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:52:58.39 ID:tpIkXJ+rO
>>1が続き書いたらハロワ行く


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:56:46.85 ID:DBkTT2mbO
>>1が続き書いたら歯医者行く


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:58:11.22 ID:HteCdCs9O
>>1
俺にPCの修理の電話をかける勇気をくれ


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 03:58:52.42 ID:TdRXx7ObP
>>1が続き書いたら妹にパンツうpする

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:01:02.96 ID:OVuOWHEEO
>>1が続き書いたらルドマンに正式に結婚申し込んでくる


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:01:39.01 ID:KMXQXdkq0
ブオーンでも復活させようぜ


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:06:53.60 ID:jEMNNxRHO
パパスが生きてたら
トンヌラの嫁候補がさらに増えそうな予感
パパスからの縁で知り合ってるわけだし


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:17:58.42 ID:rQ8EWMrK0
パパス「(し、しかし10年など待ってはおれん!マーサは明日をも知れぬ身…
      一刻も早く助け出さねば…!
      …仕方ない、背に腹は変えられぬ、一度クランバニアへ戻るか…)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兵士「む、何奴!?」

パパス「久しぶりだな、パピン」

兵士「!!
    パ…パ…パパスさまぁ!?
    パパスさまだー!みんなー!パパスさまが戻られたぞー!!」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 04:19:32.50 ID:TdRXx7ObP
キタアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
今から妹にパンツ見せてくるぜえええええええええええええええええええええええええええ


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:21:45.39 ID:KMXQXdkq0
パピンwww


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:21:55.20 ID:rQ8EWMrK0
オジロン「あ、あ、兄上ぇ!!今までどこに行っていたのです!?」

パパス「すまなかったな、オジロン…だが得るものはあったぞ。天空の剣はすでに手に入れた」

オジロン「天空の剣?兄上…まさか、まだ伝説の勇者などというものを信じておいでなのですか…?」

パパス「他に手がかりがないのだ…仕方あるまい…
     とにかく!天空の盾の居場所も見つけた!兵を50人ほど集めよ!サラボナへ向かう!!」



トンヌラ「??」    



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 04:25:06.72 ID:TdRXx7ObP
戦争キタコレwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

妹に蹴られた……。

 
119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:29:58.68 ID:rQ8EWMrK0
サラボナ


ザッザッザッザッザッザッザッ……


町人A「な、なんだ何事だ!?」

町人B「ど、どこの軍隊だありゃぁ!?」

町人C「ルドマンさんの屋敷に向かっているぞ…!」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:32:08.45 ID:CswQ6/maO
主人公がメダル王に「こんな小国、我がグランバニアの力を持ってすれば一握りだという事を忘れるな」っていう四コマ思い出した


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:33:39.28 ID:rQ8EWMrK0
ルドマン邸


バターン!

パパス「邪魔するぞ」

メイド「きゃっ!だ、誰ですかあなたたちは!?」

兵士はメイドの喉下にヤリをあてがった

メイド「…っ!」

兵士「だまれ。殺すぞ」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:35:31.55 ID:4Wf6uRkV0
>>120
あったなwww

 
128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:44:55.17 ID:rQ8EWMrK0
ルドマン「あ、あなたはいつぞやの!
      その格好は…まさか…!」

パパス「いかにも。我こそはグランバニア王パパスである」

ルドマン「へ、へへー―――っ!!」

すかさず床に平伏するルドマン

ルドマン「先日の非礼!誠に申し訳ございませんでしたー!
      まま、まさかグランバニア王だとは露知らず…!
      お許しくださいー!!」

パパス「よい、頭を上げよ。」

ルドマン「……はっ…」

パパス「そのような件で参ったわけではない。
     お主にひとつ頼みがあってな」

ルドマン「な、なんでございましょう?わたくしに出来ることならば何でも…

パパス「そうか、それを聞いて安心した。
     そなたの娘を我が側妾として迎え入れる。」

ルドマン「!!!!」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:45:56.56 ID:tUO1HMq4O
覇王パパス


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:46:02.83 ID:kKyVFCv8O
パパスがラオウのようだw


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:48:08.17 ID:qAiWkVxMO
そういやヘンリー結婚できないじゃん


 135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:50:25.27 ID:NKFLCUDf0
手段を選ばないパパスに惚れた


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:50:25.69 ID:rQ8EWMrK0
ルドマン「フローラを!?
      し、しし、失礼ですが!何かお間違えではないでしょうか!?
      フローラはまだ6歳にございます!」

パパス「何も間違ってはおらん。そのフローラを側妾に迎えると言っているのだ。」

ルドマン「(な、何を言っているのか理解できない…頭が混乱してきた…)」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 04:52:03.70 ID:TdRXx7ObP
王様になれば6歳の幼女と結婚できるのか
ちょっと王様になってくる


 
141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:54:25.60 ID:rQ8EWMrK0
ルドマン「し、しかし!まだ6歳の幼子にございます!
      世間一般の常識も身に付いてはおらず、王様に粗相をいたすこと必至!
      とても嫁に出せるような歳ではございませぬ!!」

パパス「余は一向にかまわん」

ルドマン「!!」

      


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:56:05.84 ID:rQ8EWMrK0
ルドマン「そ…そんな…!
      お願いでございます!娘だけは!フローラだけは!!
      どうかご勘弁ください!!」

パパス「ならば死ぬか?」

ルドマン「!!」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:56:47.89 ID:+6JjR5ePO
ゲームでも国の武力や財力を使えるようにするべきだな


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 04:58:34.13 ID:+6JjR5ePO
パパス……

天空の盾だけじゃダメなのか?

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 05:02:34.41 ID:+idWsOvN0
>>144
そこは娘婿にあげたいっていうルドマンさんの意思を尊重して


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:03:03.31 ID:+TUaXZXhO
ただのロリコンと化してるな。
もはや目的がなんなのか…

ビアンカちゃんも危ういな…

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 05:05:24.49 ID:E31xqw/T0
天空の盾を奪った後の反逆を防ぐ為の人質だろjk


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:06:36.76 ID:rQ8EWMrK0
ルドマン「そ…そんなご無体な…!」

パパス「なにをそう悲しむことがあるのだ
     そなたの娘が側妾と言えど王妃になるのだぞ?
     そなたにもグランバニアでそれなりのポストを用意してやろう
     財務大臣などどうだ?悪くはあるまい、ん?」

ルドマン「ああ…フローラ……フローラ……なぜこんなことに……」

パパス「チッ、話にならんな。おい、フローラとやらを探し出せ」

兵士「はっ!」

ルドマン「!!
      お待ちください!!どうか!どうお考え直しを!!」

パパスの足にしがみつくルドマン

パパス「くどいっ!」

ドゴッ

ルドマン「ごほっ!フ、フローラ!フローラアアアアァァァ!!!」


 
158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:09:13.62 ID:jEMNNxRHO
ゲマ『ほほほ・・・あの方より外道な人間がいたよは少し驚きました』


 
161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:12:08.64 ID:8yav1ArtO
パパス「息子にはビアンカちゃんいるからフローラちゃんもらっても仕方ないよね!
パパは息子の恋路を邪魔しないんだよ!」


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:19:23.81 ID:rQ8EWMrK0
兵士「二階にいました」

フローラ「?? おじちゃん誰?」

パパス「ふむ、そなたがフローラか。
     トンヌラ、お前の新しいお母さんだ。」

トンヌラ「?? ママ?」

パパス「これから君はお城で生活するんだよ」

フローラ「おしろー!?(゜ロ゜;)」

パパス「そうだよ、お菓子なんか食べ放題だ、きれいなドレスも買ってあげよう」

フローラ「((n‘∀‘)ηキャー、ドレスー!」

パパス「ルドマンよ、お前の娘も異存はないようだ」

ルドマン「フ…フローラァ…」

フローラ「パパとママはー?」

パパス「パパとママも一緒だよ、あとで来るよ。君だけ一足先にお城に行くだけだ。
     よし、行くぞ。連れてこい」

兵士「はっ!」

ルドマン「フローラ…フローラぁ……うっ…うっ……



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 05:21:32.09 ID:TdRXx7ObP
フローラたんがwwwwww


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:25:21.42 ID:rQ8EWMrK0
パパス「おっと、そういえばルドマンよ
     お主、娘の婿に天空の盾を継がせるとか何とか言っていたな」

ルドマン「えっ…」

パパス「別に私はどうでもいいのだが、お主がそう言うのならば
     お主の意思を尊重してもらっておくとしよう。」

ルドマン「!!
      も、もしや!あなたはそれが目的で…!」

パパス「そこの宝箱だな?
     おい、そこの宝箱も持って来い」

兵士「はっ!」

パパス「いつでも城に来るがよいぞルドマンよ。
     そうだ、引越しの際には言うが良い。我が軍の屈強な兵士を何人か貸してやるぞ、はっはっは。
     では、さらばだ」


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:27:40.79 ID:07WzfDFkO
オルテガは生き返るのに、ハパスはリメイクでも生き返らないの?

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:34:56.71 ID:rQ8EWMrK0
パパス「(これで残るは天空の兜と天空のよろいか…。
      この2つはどこにあるかは皆目見当がつかぬ…。
      が、グランバニアの全兵士を捜索に出せば手がかりぐらいは見つかるだろう。
      城に戻ってしまったからには国の力を活用せねばな…。)」


サラボナ編・おわり



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 05:35:40.52 ID:+idWsOvN0
ルドマンとアンディが手を組んだ


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:51:21.07 ID:rQ8EWMrK0
グランバニア


オジロン「天空の兜と鎧は兵士に捜させておりますゆえ
      今後は兄上自ら捜索に出るなどなきようお願いしますぞ!」

パパス「むぅ、仕方あるまい…」

オジロン「ところで一緒に城を出たサンチョは?」

パパス「あ…忘れてた」

兵士「パパスさま、天空の兜の在り処がわかりました」

パパス「なんと!して、いずこに?」

兵士「テルパドールです。
    かの国は伝説の勇者を信奉しており、勇者の再来を見つけるため
    一般の旅人にも兜を公開してるとのこと。
    割と有名な話なのですぐわかりましたよ。」

パパス「え」

オジロン「兄上…6年も旅をしていて知らなかったのですか…?」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:56:54.84 ID:rQ8EWMrK0
パパス「よし、テルパドールか」

オジロン「いけません!」

パパス「え」

オジロン「兵にお任せください。
      兄上には6年分のやらなければいけない仕事がたまっているのです」

パパス「いや、しかし…一般の旅人にも公開しているというならば
     まずは旅人に扮装して様子を見に行った方がよいだろう。
     いきなり兵を向かわせては国際関係にヒビが入る。」

オジロン「だからといって兄上自ら行く必要がどこにあるのです。兵にお任せください」

パパス「いや、しかし…」

オジロン「なりません!」

パパス「(´・ω・`) ショボーン」
     



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 05:59:40.84 ID:rQ8EWMrK0
その夜…


「ヌラ…トンヌラ…トンヌラ!起きろ、トンヌラ」

トンヌラ「ん…ムニャムニャ」

パパス「起きたか、用意しろ、テルパドールへ行くぞ」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 06:04:49.59 ID:rQ8EWMrK0
翌朝


オジロン「あ、兄上がいない!まさか!」

オジロンは パパスのてがみを みつけた!

『オジロンよ。お前がこの手紙を読んで
 いるということは 何らかの理由で 私は
 もう お前のそばにいないのだろう。』


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 06:12:28.93 ID:rQ8EWMrK0
キリのいいところでこの辺で一旦終わりにします
ありがとうございました ノシ

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 06:39:58.91 ID:6DtJsJtf0
フローラざまぁと思ったが逆にトンヌラが可哀相だな
やはり不運な人間はどうあっても不運な人生を送る破目になるのか


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 06:46:14.87 ID:yzmr4LsjO
トンヌラ空気すぎるwww
あとまとめで読むとかいってるやつらはなんなの 

 
224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 12:54:34.00 ID:ZMgpwUoo0


女王「ようこそいらっしゃいましたテルパドールへ」

パパス「実はわたくし天空の兜の噂を聞き、一度その姿を拝見したいと思い参りました。
     もし、よろしければ拝見させていただけないでしょうか。」

女王「……。」

パパス「女王様?」

女王「お初にお目にかかりますグランバニア王。」

パパス「!! なぜそのことを!?」

女王「私は少しですが人の心が読めるのです。」



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 12:57:44.79 ID:ZMgpwUoo0
パパス「なんと…!これは驚いた…。
     ……ならば隠しても仕方ありませんな。
     率直に言いましょう。天空の兜を頂戴しに参りました。」

女王「国王自らの訪問、誠に光栄でございます…。
   ですが天空の兜は我が国に代々伝わる国宝。
   そして伝説の勇者様が現れるまで守り抜くのが我らテルパドールの民の使命。
   申し訳ありませんがお譲りすることかないませぬ。
   お引取りください…。」

パパス「よろしい、ならば戦争だ」



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 12:58:26.58 ID:UyiDi4Qe0
決断はえーよ


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 12:59:34.87 ID:ZMgpwUoo0
女王「!!」

パパス「心が読めるのならば駆け引きなど必要あるまい。
    余が本気なのはわかるはずだ」

女王「…はい。
   そして…あなた様が天空の武具を求める理由もわかります…」

パパス「ならば話は早い。余が妥協することは無いということもわかるだろう」

女王「し、しかし!天空の武具を集めようとも肝心の勇者様が現れなければ意味がないのでは?
   ならばこのまま今までのようにここで兜を皆に公開し
   勇者様を探し出した方があなた様のためにもなるはずです。」

パパス「このような辺境の砂漠に来る人間がどれだけいるというのだ、ん?
    同じことをグランバニアで行えば、より見つかりやすいに決まっておろう!たわけ!!」

女王「(ビクッ!)し…しかし…テルパドールの王として天空の兜を渡すわけには…

パパス「ここへ来る途中に城内をざっと見てきたが…この城なら半日で落とせるな。」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:01:31.08 ID:UyiDi4Qe0
でもグランバニアもいい感じに秘境じゃんww


229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:01:47.22 ID:4lv/x32fO
まさか女王レイプするんじゃ…


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:02:44.92 ID:ZMgpwUoo0
女王「う…う…わ、わわ私のい命に変えても兜は渡しません!」

パパス「ほう、面白い。やってみろ。
    1秒で首の骨を折ってやろう、貴様が衛兵を呼ぶ声を出そうとした瞬間にな。
    ほれ、呼んでみろ。」

女王「……!」

パパス「出来もしないことを口にするな。
    これが最後の警告だ。天空の兜を出せ。さもなくば国民皆殺しだ。」

女王「……て…天空の兜を…差し上げます……ウッ…ウッ…」

パパス「ふん、最初から素直にそう言えば良いのだ。強情な女よ。」


パパスは てんくうのかぶとを てにいれた!


231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:04:33.85 ID:TdRXx7ObP
良い子には見せられないな


232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:05:28.31 ID:ZMgpwUoo0
パパス「これで残るは鎧のみか…
    おお、急いで城に戻らねば!オジロンのやつ怒り狂っているだろうな…」

イシス編・おわり



今度こそ終わりです。もうネタ尽きた。もうとっくに
>>98あたりで尽きてたんだけどw
切断するたびにID変わってるけど気にしないでください、では ノシ



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:07:50.46 ID:kKyVFCv8O
ビアンカ「おじさま素敵!いいことしましょ。」

パパス「小さい入り口だ。何、気にすることはない。」ヌチョヌチョ グッ…
ビアンカ「い、痛……!」
パパス「ぬぅん!!」ズブズブッ
ビアンカ「ああぁああん!!」ビクンビクンガクガク

パパスの会心の一撃!ビアンカをイカせた!

「大丈夫か、ビアンカ」
パパスは甘い言葉をとなえた
「ではイクとしよう」

パパス「うっ……」ドピュドピュ



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:32:14.67 ID:x8Aa3Eqn0
このパパス
強盗、恐喝、誘拐、暗殺しかしてないただの犯罪者じゃないかwww

しかし・・・主人公が空気だな


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:33:32.58 ID:UyiDi4Qe0
>>234
強大な権力が伴った場合はそれらは正義になるんだぜ

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 13:59:32.92 ID:w9HQ4jYUO
いや、俺はビアンカとトンヌラが結婚すると信じてる……
金髪王女まだー?


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 14:04:45.53 ID:dezzImue0
>>240
王族である主人公と田舎の宿屋の娘

このパパスなら黙っちゃいないw


246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 14:38:19.49 ID:NhdLbgSX0
最終的に魔王を倒せばオールおk


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 15:03:30.15 ID:jY1yIk7w0
パパスの鬼畜ぶりはどうあれ、ゲマで死なないってのはいいよなー

 

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/07(月) 16:28:35.25 ID:/A6mR4dSO



まさか勇者はパパスとフローラの子供かw
トンヌラいらねぇw



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/07(月) 16:43:54.97 ID:jY1yIk7w0
うーん

正史
①レヌールで本物ゲット
②-1サンタローズですり替えられる
③-1パパス死亡・偽物オーブ破壊
④-1妖精の城で②-1へ旅立つ

SS
①レヌールで本物ゲット
②-2サンタローズでイベント起こらない
③-2パパス生存・本物オーブトンヌラ所持
④-2妖精の城に行かない

正史とSSが①あたりでパラレルワールドになっている場合
②-1がSSで起こる可能性がある



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:12:08.24 ID:uUpU7028O
パピン「あ、あれは!パパス様がお帰りになられました!!」


オジロン「!」

「兄上!いったいどこへ行っていたのです?!まさか…」

パパス「とある国でな、天空の兜があるというのでな、貰ってきたのだ」

「大丈夫だ、兜をくれと言ったらくれたのだ。国交上の問題はなかろうて!」


オジロン「はぁ…」





トンヌラ「…」



ケータイからですまん
あと面白くする自信がない



358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:14:58.47 ID:DfPqbWfK0
おお、いいタイミングだ


359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:30:34.35 ID:uUpU7028O
パパス「残るは天空の鎧だけだな!
一刻も早く見つけだすのだ!」


パピン「そう言えばパパス様、他の兵士からの情報だとエルヘブンという町にはすごい宝があるとか…」


パパス「むぅ…エルヘブンか…」


オジロン「あ、兄上、あそこは…」


パパス「わかっている。たが天空の鎧があるかもしれぬ。行ってみなければ」


オジロン「なりません!ご帰還なされたばかりなのに一度ならず二度も城を空けるなんて!」


パパス「すまぬ。が、これで最後にする。エルヘブンから帰ってきたらしばらく落ち着こうと思う。
許してくれないか?」


360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:32:15.83 ID:/etm/rGzP
フローラ空気すぎるwwwwww
フローラはどうなったwwwwwww


361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:38:25.72 ID:uUpU7028O
オジロン「わかりました、兄上。約束ですぞ?」

パパス「おぉ!恩に着る!」


オジロン「しかし兄上、エルヘブンに行くには船が必要…
我が国は山に囲まれておりますゆえ船はありませぬぞ」

パパス「むぅ、そうであった…」

フローラ「船なら私のお父さまが所持してましたわ」

パパス「!」

「トンヌラ、フローラすぐに準備しなさい。

ではいくとしよう」


362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:39:08.36 ID:h8SS5lmU0
まさかフローラが伏線とはwww


363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:40:40.71 ID:/etm/rGzP
フローラキタアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア


364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:51:12.70 ID:uUpU7028O
サラボナにて―――


ルドマン邸


パパス「ルドマン!ルドマン!いるのだろう!久しぶりに娘をつれてきてやったぞ」


ルドマン「!!」


フローラ「お父さまー!」


ルドマン「フローラ!元気にしてたかね?!ひどいことはされなかったかね?!」


フローラ「ええ、大丈夫ですわ。パパス様はとってもよくして下さって」


ルドマン「おぉ、それはなにより!しばらく見ないうちに大きくなって…」




365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 16:59:42.11 ID:uUpU7028O
フローラ「お父さま、折り入って頼みがあるのですが…」


ルドマン「おぉ!何でも言ってごr


フローラ「船を一隻くださいな」


ルドマン「!」


パパス「どうした?娘が欲しがっているのだぞ?やらぬのか?」


ルドマン「ぐうぅ…わかった、船をやろう…」


パパス「はっはっはっ、フローラよかったなぁ!」


フローラ「ありがとう、お父さま!」


ルドマン「外の川に停めてある…」


パパス「ではいくとしよう」


371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 17:50:42.81 ID:W6A/Vo1H0
>>1は俺だけど、もう続きは何にも考えてないので続き書いてくれるなら嬉しいです
ってかスレ残ってたことに驚愕w



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 18:14:09.85 ID:KvyasctIO
>>371
そんなこと言うなよ
俺たちはお前に書いてほしいから保守してたんだぜ!



378前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 20:12:00.59 ID:tbIRwlKkO
みんなパパスを馬鹿にしてるけど、
当時に一度は考えたことだよね。

もしパパスが生きていたら……



379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 20:13:28.55 ID:uUpU7028O
今帰宅した
これは続き書くべきか?


380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 20:17:51.33 ID:tbIRwlKkO
>>379
書いてほしい。
パパスが生きていたらはみんなの子供のころの夢だからな。
まだ読んでないけど。


LV99でHP639のパパス可愛いよパパス


381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 20:18:40.27 ID:1LLbxynV0
>>379
書くべきでないと言う奴がいるとおもってんの?ww

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 20:28:17.27 ID:AeFWjWpi0
>>379だけどPCから書くよ

海の神殿――――

リザードマン×3があらわれた!

パパス「ぬぅん!!」

まもののむれをやっつけた!

トンヌラのレベルが上がった!
トンヌラのレベルが上がった!
トンヌラのレベルが上がった!
トンヌラのレベルが上がった!
トンヌラのレベルが上がった!
フローラのレベルが上がった!
フローラのレベルが上がった!
フローラのレベルが上がった!
フローラのレベルが上がった!

「大丈夫かトンヌラ」
パパスはホイミをとなえた!トンヌラのHPが回復した。
「ではいくとしよう」

フローラ「・・・」
馬車の中のゲレゲレ「・・・」


384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 20:30:53.88 ID:1LLbxynV0
パパス無双もどこまで続くか…ww


385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 20:34:30.46 ID:AeFWjWpi0
エルヘブン――――

パパス「久しぶりだ・・・」

トンヌラ「?」

パパス「トンヌラには言ってなかったな。ここはお前の母親、マーサの故郷なのだ」

トンヌラ「!」

フローラ「まぁ!」

パパス「二人ともちょっとまっていなさい」







386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 20:39:47.17 ID:wBHvqhJyO
また強盗行為を働くのかwww


387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 20:40:30.08 ID:AeFWjWpi0
エルヘブン民「よくぞきました、パパスよ。そなたの来ることはわかっていました。」

エルヘブン民「天空のよろいを探しにきたのですね」

パパス「その通りだ」

エルヘブン民「残念ながらここにはあなたのお探しのものはありません。お引取りを・・・」

パパス「なんと!しかし兵士の情報ではこの町に宝があると聞いたのだが・・・
     素直に渡してもらおうか」

エルヘブン民「なんと!マーサ様を私たちの町から連れ出しておいて今度は宝をよこせと申すのか!」

パパス「そうだ。早くしろ。私はそう気が長いほうではないのでな・・・」

パパスはパパスのつるぎに手をかけた!




389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 20:45:54.81 ID:8TppbhA2O
このパパスは鎧のために入信どころか国教にするなwwwwwww


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 20:46:02.85 ID:AeFWjWpi0
エルヘブン民「ひっ!!」

パパス「はやくせぬか。私にこのつるぎを抜かせる気か?」

エルヘブン民「我々エルヘブンの民はそんな脅しn

パパスはつるぎをエルヘブン民の首にあてがった!

パパス「脅しに?」

エルヘブン民「だれかー!魔法のじゅうたんと魔法の鍵をパパスさまにー!!早くー!!」

パパスはつるぎをおさめた!

パパス「わかればよいのだ、わかれば…」


392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 20:56:15.29 ID:AeFWjWpi0
パパス「トンヌラ!フローラ!またせた。魔法のじゅうたんと魔法の鍵をもらったぞ!」

トンヌラ「!」

フローラ「わー!」

パパス「では帰るとしよう」



再びグランバニア城


パパス「オジロン!ただいま戻ったぞ!」

オジロン「兄上!ご無事で!して、エルヘブンには天空のよろいがありましたか?」

パパス「それがなかったのだ…
     しかし代わりといっては何だが、魔法のじゅうたんと魔法の鍵をくれた」

オジロン「それはそれで十分すごい気が…」



393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 20:58:59.74 ID:wpI0lhVnO
パパスに魔法の鍵いらないだろwww
牢屋の扉壊す男だぜwwww



406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:09:33.29 ID:AeFWjWpi0
パパス「手に入れたはいいがこのアイテムで何をすればいいのだ…」

オジロン「未だに兵士からの連絡は無し。天空のよろいはいずこに…」

パパス「しかしこれがあれば浅瀬を越えられるのだろう?
     これで行動範囲が広がるな!」

オジロン「まさか兄上…!」

パパス「うむ!」

オジロン「なりません!落ち着くといったばかりではないですか!」

パパス「今回は魔法のじゅうたんの試乗するだけだ。すぐに帰ってくる!」

オジロン「なりませn

パパス「トンヌラ!フローラ!準備をしなさい」







オジロン「…」



407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:18:13.66 ID:AeFWjWpi0
パパスは魔法のじゅうたんをひろげた!

パパス「おお!これは快適だ!」

トンヌラ「!」

フローラ「(n‘∀‘)ηキャー」

パパス「よし、あの馬鹿高い建物のほうへ行ってみよう」

天空の塔――――

パパス「むぅ、こんなところに塔が建っていたとは・・・!」

トンヌラ・フローラ「(゜д゜)」

パパス「ではいくとしよう」



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:25:56.04 ID:AeFWjWpi0
パパス「ここはモンスターがやたらと出ないな・・・」






頂上

パパス「ここは・・・なんという高さだ」

トンヌラ・フローラ「ガクガクブルブル」

パパス「ん、あそこに羽の生えた人間がいるな
     もし…?どうかされたか、そこの人?」

天空人「なんと このあれた塔をここまでのぼってくる者がおったとは!
     かつてはこの塔から天空の城に行けたものだが 今はこのありさま…
     天空の城も 今では湖の底じゃ!
     もしそれでも行きたいと言うなら そこのマグマの杖を持ってゆくがよい。
     その杖を使えば 洞くつをふさぐ岩をもどかすことができようぞ!」

パパスはマグマの杖を手に入れた!

パパス「天空の城…だと…?」




411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:33:15.08 ID:AeFWjWpi0
トロッコの洞窟前にて

パパス「あの天空人が言ってたのはここのことだな!
     なるほど、このマグマの杖があればこの険しい山脈も登りきれるということだな!
     では、いくとしよう」

トンヌラ・フローラ「(゜д゜)」

パパスはマグマの杖をつきながら山を登り始めた…
そして1週間後――――

パパス「何とか登りきれたな。それにしても険しかった。
     この杖がなければ登りきれなかっただろう」

トンヌラ・フローラ「・  ・  ・」



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:40:41.43 ID:/etm/rGzP
とりあえず
妖精の村とビアンカがwwwwwwwwwwwwwwww


416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:41:29.02 ID:AeFWjWpi0
パパス「むぅ?ここの洞窟はトロッコだらけだな。疲れたしこれで移動することにしよう」

トンヌラとフローラはトロッコに乗った!

パパス「では行くぞ!
     それっ!」

パパスはトロッコを思いっきり押した!

トロッコはものすごい速さではしりだした!

トンヌラ「!」

フローラ「キャー、早ーい!」

パパス「しまった!!
     トンヌラー!!!フローラーー!!!」

パパスはいそいであとを追いかけた!


419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:51:29.85 ID:AeFWjWpi0
パパス「ぜぇっ、ぜぇっ、ぜぇっ…」

トンヌラ・フローラ「キャッキャッ!!」

パパス「と、トンヌラにフローラ、ぶ、無事か?
     無事なようだな・・・。
     ではいくとしよう」



???「わー 助けてくれー! 誰かこのトロッコを止めてくれー!」

パパス・トンヌラ・フローラ「!」

パパス「待ってろ!今とめてやる!」

パパスはトロッコの前に立ちふさがりトロッコを受け止めた!

パパス「ぬぅんんんんんんんんんんん!!!!!」

ざざざぁぁーーーー…

トロッコはとまった!

???「どなたかは知りませんが ありがとうございました。
     うっかり乗ってしまい かれこれ2.3年ぐらいまわっていたでしょうか……。
     いや~ まいったまいった」



420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:52:22.81 ID:EvCGaHmX0
さすがパパスwwww


421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:57:56.36 ID:AeFWjWpi0
???「あっ 申しおくれました。私はプサン。」

プサン「信じられないでしょうが かつて天空の民だったものです。
     お見うけしたところ あなたがたも天空の城にむかっていますね、
     よろしい!私もおともしましょう!
     人数が多い方が心強いですからね。わっはっはっ」

パパス「ではいくとしよう」

ザッザッザッ

水没天空城――――

プサン「やはりここには誰もいないみたいですね
     たしか隠し階d

パパス「こんなところに階段が!」

プサン「…」





422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 21:58:19.74 ID:qb/G2MnDO
2、3年www少ないwwww


423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:01:14.92 ID:wpI0lhVnO
テラパパスwwwwww

 
425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:08:05.52 ID:AeFWjWpi0
プサン「やや!
     ここにあったはずのゴールドオーブがなくなっている!」

パパス「この穴から落ちたのではないのか?」

プサン「やや!
     たしか大昔に邪悪なものによってあけられた大穴…!」

パパス「ゴールドオーブというものがあればこの城はまた浮くことができるのか?」

プサン「ええ、そのはずですが、ゴールドオーブはいずこに…
     かすかに残ったオーラを頼りに行方を瞑想してみましょう」

―――――――――回想―――――――――



まずい、難所だwwwww


426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:09:27.88 ID:/etm/rGzP
めんどくさいこと考えず
主人公が持ってたでいいんじゃね?


430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:20:37.21 ID:WsdrcJUyO
主人公が持ってるでいいんじゃね

ネタにもなりそうだし


431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:20:45.50 ID:U53YAw/O0
ゲマにも砕かれなかった
から
オーブと偽物をすり替える必要がなかった
から
主人公が持ってる



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:22:35.81 ID:qb/G2MnDO
いや、>>1までが正史なら取り替えてあるはず。
つまりこの後トンヌラが成長して換えるしかないと思うんだが


434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:23:53.18 ID:1EYrNYtF0
主人公持ってるんじゃね?


435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:24:19.38 ID:sSS4V/Zx0
もういっそ、股間のゴールドオーブをだな・・・


436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:24:25.41 ID:wpI0lhVnO
>>1の好きなようにすればいい


437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:25:25.01 ID:mFcWUk6gO
パパスはでかいゴールデンオーブもってるぜ

 
440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:29:25.28 ID:6UwxSTwNO
プサン「普通にそこのガキが持ってるじゃねーか」

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:31:51.53 ID:AeFWjWpi0
風呂入ってて考えてきた
一応gdgdになるかもしれないが再開するよ
それと俺は>>1じゃないよ


444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:32:18.02 ID:wpI0lhVnO
>>1がどっちにしようと、それで文句言う奴はいないだらうから
独断と偏見で決めちゃってほしい。


445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:37:21.32 ID:AeFWjWpi0
以下回想

ビアンカ「まぁきれいな宝石ね!もらっておきましょう!」



???「坊やは不思議な宝玉を持っているね?
     ゴールドオーブっていうのかい、ちょっと見せてくれないか?」




ゲマ「ほっほっほっ
    ずいぶん楽しませてくれましたね」

パパス「うう…」

ゲマのこうげき!

パパス「ぬわーーーーーーーーーー」





―――――――回想終了―――――――

プサン「…」

パパス「あれ?」


446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:38:42.37 ID:1EYrNYtF0
え?


447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:38:53.33 ID:wpI0lhVnO
ワロタwwwそうきたかwww


448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:39:51.63 ID:AeFWjWpi0
プサン「お、おかしいですね、パパスさんはいきてらっしゃるのに…
     ははは…」

パパス「まったくだ。こんな幻を見せるなんて、さては貴様魔王の手先か?」

パパスはつるぎに手をかけた!

プサン「!!
     め、めっそうもない!
     もう一度瞑想しなおしてみましょう!」




―――――――回想――――――――


449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:42:22.15 ID:AeFWjWpi0
以下回想

ビアンカ「まぁきれいな宝石ね!もらっておきましょう!」



???「坊やは不思議な宝玉を持っているね?
     ゴールドオーブっていうのかい、ちょっと見せてくれないか?」


ゲマ「ほっほっほっほっ、みごとな戦いぶりでしたね。でもこうするとどうでしょう…」

なんと!ゲマはトンヌラの喉もとに死神のカマをあてがった!

パパス 「トンヌラ!」

ゲマ「この子どもの命が惜しくなければ存分に戦いなさい。
   でもこの子どもの魂は永遠に地獄をさまようことになるでしょう。ほっほっほっ。」


パパス「かまわん、やれ」

ゲマ「!?」

パパス「目的のために死を恐れる息子など、私にはおらんわあ!!」



ゲマ「くっ…!リレミト!」


450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 22:43:55.54 ID:qb/G2MnDO
ここでやっとビアンカ登場


しかしフローラ派の俺は複雑


454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:50:44.26 ID:AeFWjWpi0
回想終了

プサン「こ、これはどういう…??」

パパス「これだ、これが現実だ」

プサン「…
     なにやら次元が少し歪んでいるようですね…
     しかし、2回目の回想でオーブを砕かれていないので
     そのトンヌラくんが持っているのがゴールドオーブじゃないですか!?」

パパス「おぉ、そうであったな!
     トンヌラよ、ゴールドオーブを台座に乗っけてみなさい」

トンヌラ「コクリ」

トンヌラはゴールドオーブを台座に乗せた!

……しかしなにもおこらない!!

プサン「はて?おかしいですね…
     これはにせものですね!」

パパス「なんと!!!」

プサン「先ほどの回想に出ていたなぞの青年がすりかえたようですね…」

パパス「チッ、あのくそがきが…叩き切ってくれるわ!!!!!」

トンヌラ「……」



456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 22:51:33.29 ID:EvCGaHmX0
トンヌラにげてーーーー

 

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:01:59.67 ID:AeFWjWpi0



パパス「しかしどうしたものか…」

プサン「あ!たしか伝説では 2つのオーブは妖精たちの祖先が作ったと言われています。
    妖精の女王にたのめばまた作ってくれるかもしれませんね。
    世界のどこかに妖精の村に通じる森があると聞いたことがあります。
    私はここで待っています。たのみましたよパパスさん!」

パパス「ではいくとしよう」



妖精の森―――――

パパス「ぬぅ、この森はなかなか抜けれぬな…」

???「きゃっ!」

パパス「?」

トンヌラ・フローラ「!」

パパス「どうした?」

フローラ「妖精さんだわ!」

妖精「え?きみたちには私の姿が見えるの?」

フローラは妖精に事情を話した

妖精「わかった、妖精の村に案内してあげるわ」



462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:03:45.11 ID:/etm/rGzP
子供いなくても見えるんだ!
ちょっと感動した



463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 23:05:57.51 ID:WsdrcJUyO
>>462
主人公はまだ子供です


464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:10:29.24 ID:AeFWjWpi0
パパス「む、私には誰も見えないぞ」

フローラ「こっちですって!」

パパス「…」

妖精の村―――――

ベラ「まぁ!トンヌラ!久しぶりね!
   その子はだれ?ガールフレンド?ふふふ」

トンヌラ「フルフル」

ベラ「ま、まぁあそこのごついひとの奥さんなのね?え?
   あの人はあなたの父親なの?!ずいぶんと若い奥さんね…」

フローラ「…」

パパス「何も見えぬ」

ベラ「ポワン様のところへ案内するわ!」



467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:15:07.86 ID:AeFWjWpi0
ポワン「まぁ、トンヌラ!
     また会えるなんて!先日はお世話になりましたね。
     今日はどのような用ですか?」

トンヌラはポワンに事情を説明した!

ポワン「そうですか。どうやら約束をはたす時が来たようですね。
    トンヌラ、このホルンを持って行きなさい。
    私たち妖精国の女王が きっとチカラになってくれるでしょう。」

トンヌラは妖精のホルンを受け取った!





パパス「…」


468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:21:04.72 ID:AeFWjWpi0
パパス「トンヌラ、その楽器は?
     ほう、これで妖精の女王に会えるのだな!
     ではいくとしよう」

フローラ「トンヌラくんすごいのね!妖精のお知り合いがいるなんて!」

トンヌラ「///」


再び妖精の森―――――

妖精「妖精のホルンをもらったのね。
    それをおくの神殿で吹きなさい。ハスを浮かべておいたから」

フローラ「いきましょ!!」

パパス「…」




469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:24:38.67 ID:qb/G2MnDO
パパスの沈黙が怖いwww


470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:24:59.95 ID:EvCGaHmX0
パパス沈没の予感wwww


471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:30:19.41 ID:AeFWjWpi0
ハスの上にて

パパス「よし、ここでホルンを吹けばよいのだな?
     どれ、トンヌラ貸してみなさい」

パパスはおおきくいきをすいこんだ!

パパスは力任せにホルンを吹いた!

あたりに騒音がこだまする!

…しかしなにもおこらなかった!

パパス「どうした、何も起こらないではないか!!
     まんまと妖精にだまされたのか!!」

フローラ「もっとやさしく吹いてみては?」

パパス「ん、では気を取り直して…」

パパスはホルンをやさしく吹き始めた…!

デロデロデロデロデーデロロン(冒険の書が消えたときのBGM)

…しかしなにもおこらなかった!



472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:33:36.22 ID:EvCGaHmX0
デロデロデロデロデー wwww
パパス器用だなwww


473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:36:59.78 ID:AeFWjWpi0
パパス「ぬぅううん!!!!!!!」

パパスは妖精のホルンをなげすt

それを捨てるなんてとでもない!!

パパス「こんなまがいものを捨てられないとは!のろわれたアイテムか!?」

トンヌラ「ジーッ」

パパス「なんだ、トンヌラ?吹いてみたいのか?吹いてみろ。何も起こらないぞ」

トンヌラは妖精のホルンを吹き始めた…



なんと!妖精の城が現れた!

フローラ「トンヌラすごーい!」

トンヌラ「///」






パパス「…」



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 23:54:40.45 ID:uPAu4yfYO
パパス無双が面白いwww


478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 23:54:41.45 ID:AeFWjWpi0
妖精の城―――――

女王「よくぞまいられました。話はすでにポワンから聞いております。
   たしかに天空の城にあった2つのオーブは私たち妖精の祖先が作ったものです。
   しかしもはや 私たちには同じ物を作ることはできないのです。
   これをごらんなさい」

女王は光るオーブを差し出した!

しかしトンヌラはすでに光るオーブを持っていた!

女王「まぁ!これはどういう…?
    詳しいことがわかりませんが後ろのゴツイ方が生きているところを見ると
    いろいろ次元が歪んでしまったようですね。」

パパス「…」

女王「さぁ奥の階段へおいきなさい。」

ザッザッザッ

妖精「この絵は心を映し出す不思議な絵です。
    あなたを思い出の場所に運んでくれるでしょう…。」

パパス「ト、トンヌラよ、この絵から過去へ戻れるのか?」

トンヌラ「コクリ」

パパス「そ、そうか」



479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/08(火) 23:56:29.13 ID:WsdrcJUyO
入りたがんなwwww


480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/08(火) 23:58:24.98 ID:b9n8GF7KO
パパスがパパスに対面するのか・・・?

 
483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:02:42.86 ID:AeFWjWpi0
トンヌラは壁の絵に向かって心をひr

パパス「まて!!トンヌラ!私が行こう!!」

トンヌラ・フローラ「!?」

妖精「あのお方は何をしているのです!?本格的に次元を歪める気ですか!?」

トンヌラはパパスを引きとめようとした!

パパス「次元が歪む?何をいまさら!そんなものとっくに歪んでおろうが!!
     とにかくいってくるぞ!」

パパスは壁の絵に向かって心を開いた……!!







過去サンタローズ―――――

パパス「ぬぅ、どうやらついたようだな。」


484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:04:15.64 ID:73x+FZgM0
パパスがんばりすぎwwwww



487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 00:14:16.74 ID:7d8eX91t0
村人「おや、パパスさん!今日は調べものをしているんじゃなかったのかい?」

パパス「(む、城に呼ばれる少し前に戻ったらしいな。)
     ああ、少し気分転換で外へ出てみたのだ。」

村人「そうですね、気分転換も必要ですよね」

パパス「(この村には調べものをしているもう一人の私がいるのだ…
     なるだけ早く用事を済ませねば。)
     そういえばトンヌラを見なかったか?」

村人「トンヌラなら教会の近くで遊んでいましたよ?」

パパス「そうか、ありがとう」



パパス「トンヌラ、こんなところで遊んでいたのか。暗くなる前に帰ってくるのだぞ?
     ん?トンヌラよ、なにやらいい宝玉を持っているな?少し貸してみなさい
     (!!!
     まずい、すりかえるはずの金の玉を忘れてきてしまった…!)」


 
489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 00:17:42.11 ID:igvwrhKMO
オーブと言えオーブとwww


490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:19:49.75 ID:GDCeeG6WP
金玉wwwwwwwwwwww


492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:21:07.74 ID:7d8eX91t0
パパス「こ、これは中々高価なものを手に入れたな!しかしお前が持つに早いな。
     これは私が預かっておこう。いいな?」

トンヌラ「(´・ω・`)ショボーン」

パパス「そ、そんな顔をするな!お前にはほらそこの、なんといったか
     レゲレゲというペットがおるだろう。それと遊んでなさい」

トンヌラ「!」

ゲレゲレ「…」

パパス「(ふぅ、とにかくゴールドオーブは手に入れたぞ。あとは戻るだけだな)」

サンチョ「お、おや!?ご主人様が二人…!?」

パパス「(!?
      まずい!いつものくせで自分の家に帰ってきてしまった!!)」



493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 00:22:55.34 ID:JWLEXdgOO
一時的にでもパパスが二人になるのかwww


497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:34:19.96 ID:7d8eX91t0
サンチョ「あ、あわわ…!!ご、ご主人様ー!!」

過去パパス「うるさいぞ!何事だ!解雇するぞ!」

サンチョ「す、すみません…!しかし、ご主人様が二人…!!」

過去パパス「何を寝ぼけたことを…とうとう頭がおかしくなったか…」

パパス「(あれ?サンチョの扱いはこんな感じだったか…?
      いやそれよりもこの状況なんとかしなければ!!)」

過去パパス「ぬ、ぬわーーーー!!
        わ、私がもう一人…だと…?!」

パパス「わ、ワタシパパスチガウ、タビノモノダ」(裏声)

過去パパス「なんだこいつは!!叩ききってくれる!!」

パパス「(まずい…!!)」

パパスは逃げ出した!

パパス「村の外まで出れれば!!」


498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 00:41:22.54 ID:VuT4CyE9O
ぬわーーーー!!!!


499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:41:49.85 ID:7d8eX91t0
門番「おや?パパスさん、お出かけですk

パパス「そこをどけえええええええ!!!!!!」

門番「うわっ!!」









妖精の城―――――

パパス「ふぅ、なんとかもどってこれた!
     代わりの金の玉は渡せなかったがこれで本物のゴールドオーブが手に入った!」

妖精・トンヌラ・フローラ「……」

パパス「では天空城に向かうとしよう!」




500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 00:43:30.89 ID:JWLEXdgOO
となるとトンヌラが持ってた金玉はいったい・・・


501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 00:43:57.32 ID:HGgXulF5O
テラパパスww


502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:47:58.28 ID:7d8eX91t0
再び水没天空城―――――

プサン「ややっ!それは本物のゴールドオーブ!
     さっそくそれをこちらに!」

プサンはゴールドオーブを台座に置いた!

プサン「いよいよこの城がふたたび天空に昇るときがやってきましたね!
     すべてはパパスさんたちのおかげですね!
     さぁみていてください!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

なんと!天空城が浮遊した!

パパス「おお!これは!!」

トンヌラ・フローラ「キャッキャッ!」

プサン「あとはあなたたちに任せます!
     私は城の様子を見てくることにしましょう」




503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:50:03.98 ID:73x+FZgM0
天空装備もパパスが気合でしそうな勢いだな



505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:53:43.30 ID:7d8eX91t0
パパス「では、動かしてみるとしよう…!」

パパスは天空城を操作し始めた!

パパス「ほう!これはなかなか!!」

トンヌラ・フローラ「…」

パパス「ん?なんだあの作りかけの神殿は?
     あの高さぐらいならこの城でいけるんじゃないか?」

トンヌラ・フローラ「…!」

パパス「ではあの神殿にいくとしよう」



508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 00:58:22.71 ID:7d8eX91t0
パパス「こ、これはどうやってとめるのだ?」

フローラ「ああ、このままだとぶつかってしまいますよ?!」

トンヌラ「アタフタアタフタ」

パパス「ぬぅ、しかし止め方がわからんのだ!
     ええい!ままよ!!
     このまま突っ込むぞ!!」



ドゴォォォォオオオオ!!!!


プサン「ああ・・・!復活したばかりの天空城が…!!
     パパスさん!何してるんですか!!!」

パパス「トンヌラ、フローラ無事か?」

トンヌラ「コクリ」
フローラ「ええ、大丈夫です」

パパス「しではいくとしよう」

プサン「…」

大神殿は作りかけでまだ山も低いってことにしておいてください





511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 01:11:12.55 ID:7d8eX91t0
大神殿――――――

イブール「ラマダよ!何事だ!!」

ラマダ「そ、それが突如宙に浮かんだ城が突撃してきまして…!」

イブール「奴隷たちは!?」

ラマダ「それが、大半は衝突にまきこまれほぼ全滅!」

イブール「なんと…!!」






パパス「なんだ!人がたくさん倒れているではないか!」

へんじがない、ただのしかばねのようだ
へんじがない、ただのしかばねのようだ
へんじがない、ただのしかばねのようだ

パパス「むごい!むごすぎる!!こんなことをするのは魔物の仕業だな?!
     この神殿の奥に親玉がいるはずだ!」

トンヌラ・フローラ「……」


514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:16:34.06 ID:WOtfV7wX0
何だこの爽快感溢れるドラクエはw


516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:18:15.77 ID:7d8eX91t0
魔物「ラマダ様!イブール様!まずいです!パパスです!あのパパスです!!」

ラマダ「なに!?あのパパスがきたともうすのか!?」

イブール「パパスめ、ゲマを退けたかと思えば天空城でこの神殿にまで乗り込んでくるとは…
      末恐ろしいヤツよ!」

ラマダ「イブール様!どうされます!?」

イブール「わ、わしはまだ準備に時間がかかる!!
      ラマダ!お前はパパスの妻マーサに化けて時間を稼げ!」

ラマダ「えぇ?!」

イブール「はやくせぬか!!」

ラマダ「し、しかたない…!」








520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 01:30:41.18 ID:7d8eX91t0
パパス「おい!大丈夫か!?しっかりしろ!いったい誰がこんなことをした!?」

瀕死の奴隷「お、おらたち、ここで大神殿をつくってたらよ、いきなり城が近づいてきて…
        グフッ」

パパス「ええい!!魔物め!!許さんぞ!!!」

トンヌラ・フローラ「………」

パパス「何をしている二人とも!さっさと奥へ行って親玉を倒すぞ!!」

???「よく来ましたね」

パパス「!?」

???「わが名はマーサ」

パパス「マ、マーサだと…!?」
トンヌラ・フローラ「!?」

マーサ(マダラ)「大教祖イブールさまにかわり この神殿を治めている者です。
          トンヌラですね。すでに気づいているでしょうが私はあなたの母親です。
          そしてパパス、あなたに再びあえて本当に嬉s

パパス「ぬおおお!!魔物め!!!罪のない人を殺した挙句わが妻の名をかたるか!!
     許さぬぞ!!!」

ラマダ「え、なんでばれt
かいしんのいちげき!!



522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:33:53.98 ID:JWLEXdgOO
>>520
パパスwwwwwwもうDQ5できねぇwwwwww


523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:36:04.61 ID:7d8eX91t0
ラマダをやっつけた!!

パパスはレベルがあがった!

トンヌラはレベルがあがった!
トンヌラはレベルがあがった!
トンヌラはレベルがあがった!
トンヌラはレベルがあがった!

フローラはレベルがあがった!
フローラはレベルがあがった!
フローラはレベルがあがった!
フローラはレベルがあがった!


パパス「大丈夫か?」
パパスはベホイミをとなえた!
トンヌラとフローラのきずが回復した!

パパス「ではいくとしよう」


524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 01:37:41.02 ID:GDCeeG6WP
フローラにもベホイミしやがった
そういえばゲレゲレは?wwwwwwwwwww


526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:38:45.42 ID:BJ+T3reg0
どんな心境の変化があってフローラを!?


531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 01:44:45.39 ID:7d8eX91t0
魔物「イブール様!!ラマダ様がやられました!」

イブール「何!?もうか!?」

魔物「はい、即死でした…」

イブール「アワワワワ」

魔物「イブール様お気を確かn

パパスの攻撃!

魔物「ぐふっ!」

パパス「見つけたぞ!貴様がここの親玉だな!?」

イブール「ぐぬぬ…!
      よくここまでひとりで戦い抜いてこれたものだ!
      しかしそれもこれもここでおしまいじゃ!」

パパス「言いたいことはそれだけか?」

ブオーン「ばかにしおって!!覚悟しろ!!」



535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:48:56.51 ID:7d8eX91t0
ブオーンじゃなかったイブールだ

イブールはマホカンタをとなえた!

パパスの攻撃!
イブールに87のダメージ!
パパスは天空のつるぎをふりかざした!
いてつくはどうがほとばしる!

イブールの攻撃!
痛恨の一撃!

パパスの攻撃!
かいしんのいちげき!
パパスの攻撃!
かいしんのいちげき!

トンヌラはスカラをとなえた!
パパスのぼうぎょがあがった!

イブールの攻撃!
イブールのゆびさきからいてつくはどうがほとばしる!

パパス「勝負あったな…
     貴様は1ターン1回行動で行動パターンはループする…」

イブール「ぐっ!そ、それは!」



536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:51:13.18 ID:exuF9SPsP
パパス=キラーマシンの図式が出来上がった


537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 01:56:02.00 ID:wZ40h1HkO
・・・・果たしてヘンリーの妻マリアは無事だろうかw
まだ奴隷ではないはずだが


538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 01:56:06.45 ID:7d8eX91t0
以下>>535の行動ループの上パパス二回行動にてあっというまにイブールはおいつめられた!!

イブール「こ これが…こうなることが…運命だったというのか…。
      すべてはわれらが神 大魔王ミルドラースさまの予言どおり!」

パパス「いいからマーサの本当の居場所を教えろ!」

イブール「マーサを助けたくば魔界にゆくがよい。
      しかしそこでお前とその一族はほろびることになるのだ。
      今このわしが魔界への道を通じさせてやろう。
      大魔王ミルドラースよ!このわしに最期の力をあたえたまえっ!」

……しかしなにもおこらなk

パパス「茶番はもういい!!」

かいしんのいちげき!!

イブール「げふっ!」


 

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:01:38.22 ID:hu8+NFmJ0



リング探しでビアンカ登場フラグと思ったがまだサラボナにいるのか


542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:02:21.57 ID:7d8eX91t0
パパス「トンヌラよ、聞いたと思うが私の本当の妻…
     そしてお前の母マーサは生きているのだ…!」

トンヌラ「!!」

パパス「よいな?これから魔界へ乗り込むが…
     私一人で行こうと思う…お前はまだ幼い、危険すぎる」

トンヌラ「フルフル」

パパス「ならぬ!」

トンヌラ「フルフル」

パパス「…
     そうだな、やはり一緒に母を迎えにいくか」

フローラ「あ、あの」

パパス「もちろん、フローラもきてくれるな?」

フローラ「はい!」

パパス「そうときまれば、装備を整えねばな
     一度城に戻るとしよう!
     ん?これは…」

パパスはいのちのリングを手に入れた!




543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:03:37.02 ID:nPFvpiXHO
パパスやりたい放題www

 
545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:06:50.20 ID:7d8eX91t0
イブールの後ろに宝箱が!

パパスは宝箱を開けた!

天空のよろいをみつけた!



パパス「もはや、天空装備などいらぬな…ははは!」









グランバニア城―――――

オジロン「はぁ…やはり兄上はそういうと思っていた…
      もはや止めませぬ。
      ただこれだけは約束してくだされ。
      かならず無事にマーサ様とともにご帰還くだされ!」

パパス「オジロン…!」

オジロン「装備をととのえるのでしたらメダル王の城になんでもすごいたてがあるとか…」



546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:12:21.35 ID:7d8eX91t0
パパス「しかし、私小さなメダルなぞあつめておらん…」

オジロン「私がこの城中を探して3枚しか…」

パパス「!
     でかしたぞ!オジロン!!」

オジロン「??」

パパス「一日だ!一日でこのメダルを1000枚に複製せよ!」

オジロン「そ、それは!?」

パパス「城中の兵士を動員して作り上げよ!!
     ルイーダの酒場でだらだらしている兵士たちも動員すればよいだろう!」

オジロン「しかし、複製メダルで大丈夫なんだろうか…」

パパス「なぁに、メダルと私の交渉術があれば何でももらえろうて!
     はっはっはっ!!」

オジロン「…」


550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:21:00.51 ID:WOtfV7wX0
交渉術という名の脅しですね分かります


551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:21:41.21 ID:7d8eX91t0
そして夜が明けた――――

テーレレッテテーレーレー

オジロン「兄上、できましたぞ、小さなメダル1000枚!」

パパス「でかした。よし、トンヌラ、フローラ準備をしなさい」

オジロン「それから兄上、オラクルベリーのカジノにはなんでもものすごい剣が景品であるとか」

パパス「よし、国家予算を割くぞ」

オジロン「あ、兄上!!いくらなんでもそれは!!」

パパス「魔物の本拠地に乗り込むのだ!!これぐらいしないでどうする!?」

オジロン「…」



552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:25:08.64 ID:HGgXulF5O
パパスをカジノに行かせたらだめだろww

 
555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:28:28.17 ID:7d8eX91t0
メダル王の城―――――

メダル王「ワシはメダル王じゃ!世界中の小さなメダルを集めておる!」

パパス「これでどうだ」

パパスは小さなメダルを差し出した!

メダル王「おぉぉおおお!!!小さなメダルがこんなに!!!
      ん?待てよ、これは偽物、これも、これも!」

パパス「…」

メダル王「こんな小さな偽のメダルで素人のめはごまかせても
      小さなメダルコレクターのワシの目はごまかせんぞ!」

パパス「…
     何を言うか。貴様の目は節穴か?」

メダル王「そなたこそ何を言うk

パパスはパパスのつるぎの先端をメダル王の目に近づけた…!

パパス「それとも何か?
     その目は本当に節穴か?節穴にしてほしいのか?あ?」



556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:30:10.07 ID:hu8+NFmJ0
偽造の必要あったのかよ


557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:30:42.08 ID:huZ6d6A9O
これが覇王パパスの交渉術・・・ゴクリ


558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:32:46.21 ID:wZ40h1HkO
せめてマーサだけは良識ある妻だと信じたいw


559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:36:29.89 ID:7d8eX91t0
パパス「もう一度だけ聞くぞ?
     この1000枚のメダルは本物か?偽物か?」

メダル王「ほ…本物じゃ…」

パパスはつるぎをおさめた!

パパス「だろう!こんなに集めるのは大変だったのだ!!」

メダル王「…」

パパス「それではメタルキングの盾としんぴのよろい、きせきのつるぎをいただこうか!
     残りのメダルはくれてやる」

メダル王「…」

メタルキングの盾を手に入れた!
神秘の鎧を手に入れた!
きせきのつるぎを手に入れた!

パパス「次はオラクルベリーか…」




560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:37:24.04 ID:Z5mTRHA1P
ダメだ・・・覇王通り越して魔王だこいつwww



564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:39:16.43 ID:sfD/IFNu0
天空シリーズがゴミ同然wwwww


565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:40:37.05 ID:xbB2KDxvO
もう>>1>>476で何か出版出来そうだwwww


566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:44:08.62 ID:7d8eX91t0
オラクルべリー―――――

パパス「トンヌラ、フローラはカジノははじめてだな?」

トンヌラ・フローラ「コクリ!」

パパス「カジノというのは景品があってだな、景品の分のメダルを買う、というあそびなのだ」

トンヌラ・フローラ「…」

パパス「私をよく見ておるのだぞ?」

バニー「いらっしゃいませ!景品の交換ですか?」

パパス「ああ、メタルキングの剣をくれ」

バニー「残念ですが、パパスさんはコインをお持ちではありません。
     コインをためてからまたお越しください!」

パパス「何枚のコインが必要なんだ?」

バニー「50000枚になります!」

パパス「よろしい、50000枚コインをもらおうか」



バニー「…」

トンヌラ・フローラ「…」



567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:45:40.35 ID:wZ40h1HkO
メダル王が半泣きで偽造メダルを溶かし一つにしたのが大きなメダルで
完成品を見て、やはり腹立つから城裏に捨てたんだろうな

 
569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:53:00.21 ID:7d8eX91t0
パパス「一枚いくらだね?」

バニー「50Gで、250万Gになります…」

パパス「あいわかった。支払いはグランバニア王国に請求してくれ。
     このグランバニア国王の小切手があれば銀行で換金してくれる」

バニー「は、はぁ…」

パパス「では今購入した50000コインでメタルキングの剣をもらおうか」

バニー「ど、どうぞ」

パパス「ありがとう」







トンヌラ・フローラ「……」



570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:55:33.42 ID:VuT4CyE9O
もうこのパパスだめだwww


572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:57:55.00 ID:wZ40h1HkO
改めてゲマって重要なんだと思ったw


573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:58:19.62 ID:JWLEXdgOO
脅迫しないだけ優しいなwwwwww


574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 02:58:20.05 ID:7d8eX91t0
すまん、なんか支払いシステムおかしいが気にしないでくれ

パパス「さぁこれで装備が整ったな!」

トンヌラ
E.メタルキングの剣
E.メタルキングの盾
E.しんぴのよろい
E.鉄仮面
E,力の盾

トンヌラ「(*゚∀゚)=3」

パパス「フローラにはマーサに着せようと思ってたこれをやろう!」

フローラ
E.エッチな下着

フローラ「……」



575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:59:27.06 ID:GDCeeG6WP
おいロリコンがいるぞwwwwwwwwwwwww


576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 02:59:41.85 ID:TmxHFXra0
盾二つだと!?


577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:00:48.89 ID:7d8eX91t0
盾二つだ、ミスったw
そしてきせきのつるぎもあまったww


580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:05:00.23 ID:7d8eX91t0
パパス「この余ったきせきのつるぎは…
     袋にでも入れておくか…」






海の神殿―――――

パパス「再びここにくることになるとはな…」

海の神殿奥の扉前―――

パパス「ここで魔法の鍵を使うのか」

もっている鍵ではあわなかった!

パパス「…」

ビキッ

パパスは魔法の鍵を鍵穴にねじ込んだ!

パパス「ふぅうううんんんんん!!!」

バァァン!!

パパスは扉をこじ開けた!


583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:08:50.82 ID:7d8eX91t0
パパス「この像は何だ?」

フローラ「指輪をはめれるようになってるわ…」

パパス「ではこの命のリングを…」

パパスは命のリングをはめた!

パパス「後二つ足りないな…」

トンヌラ・フローラ「…」

パパスは袋からいのりの指輪をとりだした!

パパスは像に祈りの指輪を無理やりはめた!!

パパス「あとひとつ…」

パパスは自分の結婚指輪をはずした!

パパスは結婚指輪を像に無理やりはめた!!

パパス「これでよし!」


魔界への扉が開いた!



トンヌラ・フローラ「……」



585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:11:54.66 ID:JWLEXdgOO
パパス「へぇ・・・指輪になら何でも挿れちゃうんだぁ・・・」

 
587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:18:53.65 ID:7d8eX91t0
ジャハンナ―――――

パパス「魔界にも村があるのだな
     ここで装備を整えて、明日はいよいよ本拠地に乗り込むぞ?よいな?」

トンヌラ・フローラ「コクリ」

トンヌラ
E.メタルキングの剣
E.メタルキングの盾
E.しんぴのよろい
E.グレートヘルム←NEW!!

フローラ
E.復活の杖
E.エッチな下着
E.うろこのたて

パパス
E.パパスのつるぎ
E.かわのこしまき

そして夜が明けた―――――



588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:20:08.44 ID:C4q6gDz80
パパスなんか装備しろよwwww


589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:21:01.19 ID:JWLEXdgOO
パパス装備テラ質素wwwwwwwwww


590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:26:17.03 ID:7d8eX91t0
エビルマウンテン―――――

山頂付近にて

パパス「あ、あれは!!
     マーサ!!マーサァー!!!!!」

ダークシャーマン「今マーサさまは我らが魔王ミルドラースさまのために祈りをささげているのだ。
            ジャマするヤツh

パパス「そこを!!!!どかぬか!!!!」

かいしんのいちげき!!
かいしんのいちげき!!

ダークシャーマンたちをやっつけた!




594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:32:54.23 ID:7d8eX91t0
マーサ「パパス!!トンヌラ!!二人とも無事で!!」

パパス「おまえこそ…!!よく・・・!!」

マーサ「今はまだ大魔王ミルドラースの力はそんなに強くありません!
     封印するのは今しかありません!」

???「ほっほっほ。いけませんね。
     あなたの役目は大魔王さまのためにトビラを開くこと…。」

パパス「そこかぁあああ!!!!!!」

パパスは袋のきせきのつるぎを投げつけた!

かいしんのいちげき!!

ゲマ「ぐっぐはあ…!あ 熱いぃ~っ!なんですかこの光は~っ!?
   こっ この私が登場シーンで果てるなんて…」

ゲマ「ぐげえええ!!!!」

パパス「大丈夫か?みんな」

パパスはベホイミをとなえた!

マーサのきずが回復した!
トンヌラのきずが回復した!
フローラのきずが回復した!

パパス「ではいくとしよう」



595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:34:52.48 ID:GDCeeG6WP
涙のイベントを華麗にスルーwwwwwwww


597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:36:50.13 ID:7d8eX91t0
エビルマウンテン最深部

パパス「いよいよ大魔王ミルドラースとの対決だ…
     準備はいいか?」

トンヌラ「コクリ!」

フローラ「はい!」

マーサ「あなた…!」

パパス「ではいくとしよう」





???「ついにここまできた、パパス一家よ」

パパス「貴様は!?」



598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:37:47.42 ID:JWLEXdgOO
誰も怪我してねえのにwww



602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:43:54.51 ID:7d8eX91t0
パパス「そうか、お前がミルドラースか…!」

ミルドラース「いかにも。私が魔界の王にして王の中の王、ミルドラースだ」

パパス「王の中の王…だと…?」

ミルドラース「そうだ、余は王の中n

パパス「王の中の王は!この!グランバニア国王の!パパスだ!!
     貴様なぞ叩き切ってくれるわ!」

ミルドラース「たいした自信よ…
        さぁくるがよい!私が王の中の王たる所以をみせてやる」

パパスのこうげき!
ミルドラースのこうげき!
パパスのこうげき!
パパスのこうげき!
パパスのこうげき!
ミルドラースのこうげき!

ミルドラース「な、なぜじゃ?なぜこんなに行動回数が多いのじゃ…!
        そしてなぜHPが減らぬのじゃ…!」





605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:48:08.18 ID:7d8eX91t0
パパスのこうげき!
ミルドラースのこうげき!
パパスのこうげき!
パパスのこうげき!
マーサは賢者の石をふりかざした!
パパスのこうげき!
ミルドラースのこうげき!

ミルドラース「ああ!!マーサめ!!賢者の石を使っておるのか!!!
        マーサを殺せば…」

ミルドラースのこうげき!

マーサ「!!」

しかしダメージをうけない!

ミルドラース「?!」

マーサ「と、トンヌラ!!」

ミルドラース「な、何だこの硬い盾は!!!
       余の力がまだ十分でないのばかりに…!」

ミルドラースのこうげき!
ペゥ!
トンヌラはダメージをうけない!

ミルドラース「ぐぬぬぬぬう!!!」



606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:49:48.77 ID:GDCeeG6WP
メタルキングぱねえええええええええええwwwwwwwwwwww


608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:53:10.49 ID:7d8eX91t0
パパス「ミルドラースよ…
     とどめだ!!」

ミルドラース「!!」

パパス「ぬうううううううううううううわああああああああああああ!!!!!!!!!」

かいしんのいちげき!!

ミルドラースをやっつけた!!

ミルドラース「さすがだ、パパスよ。
        だが、なまじ強いばかりに私の本当の恐ろしさを見ることになるとは
        見るがいい!これが真の姿だ!!」



…しかしなにもおこらなかった!

ミルドラース「あぁ、力がまだ十分じゃないのじゃ、第二形態になれn」

パパス「ぬうううううううううううううわあああああああああああああ!!!!」

かいしんのいちげき!!

ミルドラース「わが名はミルドラース…。魔界の王にして王の中の王…
        その私が敗れるとは…」

パパス「だから言っただろう、王の中の王はこのグランバニア王、パパスであると!」



609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:54:55.78 ID:RcwcUYDu0
パパスが魔界の王になれよ


610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:57:10.39 ID:wZ40h1HkO
まさに升裸男


611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 03:57:55.88 ID:7d8eX91t0
こうして世界は救われ、パパスとマーサ、トンヌラ、フローラはグランバニアに帰還した

パパスはフローラと別れマーサと再婚し、トンヌラはグランバニア王位を継承しフローラを姫として迎え
幸せに暮らしたとさ

ビアンカ「…」

マスタードラゴン「…」

おしまい







最後gdgdですいませんでした




612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:58:09.28 ID:4NetLYQf0
もうドラクエVが出来ない体になってしまったではないか


613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 03:58:32.74 ID:0qDZMIjdO
あぁ・・・次はエスタークだ

 

615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 04:00:17.25 ID:nPFvpiXHO



乙!
>>1にも感謝

618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 04:00:44.65 ID:7d8eX91t0



とりあえず書き手がかわってしまったけど完結ってことで
処女作SSにお付き合いありがとうございました


619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 04:01:27.74 ID:GDCeeG6WP
乙!
なかなか良かった!


620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 04:02:23.76 ID:m0q775+c0
乙!
後日談って言葉、わかるよね…?


621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 04:02:38.96 ID:JWLEXdgOO
>>1乙!!!
ゲレゲレ空気なのが良かったwww

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 04:04:19.96 ID:hTxmECJcO



>>1
>>618
どっちも乙www
すげー楽しかったwww


625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/09(水) 04:07:01.03 ID:w552KxHUP
まだやってたのかよく生きてたこと



 
632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/09(水) 04:45:26.23 ID:tEBPMr4+O
>>1>>618
面白かったよ
パパスチートすぎてワロタw

また機会があれば書いてくれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

theme : 2chまとめブログ
genre : ブログ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dorasoku

Author:dorasoku

当ブログはリンクフリーとなっておりますので

リンクはご自由にお貼りください

また相互リンクをご希望の場合は、お気軽にご連絡ください

人気ブログランキング参加中です

クリックお願いします
メールフォーム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (1)
vip (4)
DQネタ (15)
ドラクエ3 (1)
ドラクエ5 (4)
ドラクエ6 (4)
ドラクエ7 (1)
ドラクエ8 (1)
モンスター (1)
主人公 (1)
ν速 (3)
東原 (1)
SS (0)
FC2カウンター
アクセスランキング
アクセスランキング
fc2ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。